看護師はどんな役割なのか



看護師の仕事について知る前に、看護師はどういった役割を担っているか知る必要があります。

この職業は、医師の指示によって、患者の診療や入院中の日常生活をサポートしてくれる存在であります。
ただそれだけではなく、病院で働いてる訳ですから専門的な知識、技術も必要で、患者へのケアをしながら支えてあげる必要があるでしょう。
医師に対しても患者の状況を的確に教える必要があるため、患者のことをよく観察し、体だけではなく、心からのふれ合いも重要になってきていると思います。

このように看護師の仕事は、患者とのふれ合いが多く、直接交流できる立場ですから感謝されることもあり、医療や患者に対しての喜びや悲しみをより深く実感できる立場にあって、とてもやりがいのある仕事だと言えるでしょう。

昔は、衣服が決められていて「白衣の天使」と呼ばれ、看護婦と看護師が区別されていましたが、今は法改正により、呼び名は統一されましたが、仕事内容は変わっていません。
この職業を目指すのなら一人でも多くの患者の笑顔を見たいと純粋に思える方や医療行為に対して喜びを見いだせる方がとても向いていると思います。

この職業は、大変さもありますが、人々をサポートできる喜びを実感できる仕事でもあるでしょう。


看護師なるために必要な学校選び



看護師の仕事をするために、この職業になるのには、国家試験を受験し、国家資格を手に入れる必要があります。
その前に、その受験資格を満たす必要があり、看護学校などに通う必要があるのです。

主に3年以上看護師養成校で必要な学科を学ばなければ、受験資格を得られないのですが、その学校もいくつかあります。
種類としては、高等学校衛生看護科、看護専門学校、看護短期大学、看護系大学、准看護師養成所などがあります。
このようにいくつかの選択肢がありますが、自分の将来を考えた時に、どれがベストのコースかとよく考えて選ぶ必要があります。

例えば大学だと自分の担当すること以外の医療知識を多く学、高度なことも勉強できるでしょう。
その逆とも言えるのが、専門学校で、より実践的なことを多く学ぶことができ、この職業を選ぶ方の多くが専門学校に行っていて、即戦力として医療に励んでいるのです。

最終的には、どの学校を選んでも国家試験に合格しなければ、いくら努力しても医療現場で仕事をすることが出来ないので、頑張ることには変わりありません。
これらの学校で合格するための知識を学ぶことも大切ですが、医療に対しての倫理観や道徳心も大いに学ぶ必要があるでしょう。


看護師には思いやりが必要



看護師に必要なことは、医療に対しての知識だけではなく、思いやりやコミュニケーション能力がとても大事だと言えるでしょう。

看護師のみなさんは、実際に患者さんと交流し合いながら仕事をする訳ですからこういう能力や素質は、とても大事になってきます。
患者さんの一部には、話す相手が医療関係者しかいない場合もありますし、身の回りの世話をしてくれる人もそういう人達ですから、信頼していたい気持ちを持っています。
ですから、こういう患者さんたちと心からふれあえる思いやりの気持ちが看護職の人には必要ではないのでしょうか。

患者さんも気持ちが晴れやかになり、前向きに過ごせるようになると長い入院生活の中で明るくなりますし、お互いに気持ち良いものになるでしょう。
病院というと暗いイメージがありますから、働いている人ほど明るくしてあげることが全体の雰囲気が良くなると思いませんか。

また思いやりやコミュニケーション能力は、患者さん本人だけではなく、家族や親族への対応でも重要であって、相談や説明をして、不安にさせないように出来ますし、交流することが大事なのです。
看護師は、もちろん医療に対しての知識は必要不可欠ですが、このような素質も大事だと言えるでしょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
QRコード
このサイトは携帯に対応しています
RSS
RSS 1.0
RSS 2.0